プロバイオティクス サプリ

プロバイオティクスサプリ

 

プロバイオティクスとは?

 

最近、何かとその名を聞くことの多いプロバイオティクス。一時の流行り物のように思う人もいるかもしれませんが、プロバイオティクスの考えはいわば古くから食べられている健康食の価値の再発見といった側面が強く、特に発酵食品に焦点を合わせたものです。

 

プロバイオティクスとは人体に有用な微生物そのもの、あるいはそれを含む食品のことで、これを積極的に食べて体内の微生物のバランスを整えることで健康を増進したり病気を予防しよう、というのが今叫ばれているプロバイオティクスを活用した健康への考え方です。

 

腸内に住んでいる最近の数は人間の体を構成する細胞のすべての数よりも多い、という事実をご存じですか?

 

腸内細菌というと腸内の中でまばらに善玉菌と悪玉菌が争っているイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実際には腸壁にびっしりと隙間もないくらいに微生物が敷き詰められて存在しているのです。これだけの微生物がバランスを崩したり、数が変動したりすれば人体に様々な影響を与えうることは、想像に難くありません。

 

プロバイオティクスは、主に腸内に住まう微生物を食事などによってコントロールし、典型的には善玉菌など健康に役立つ種類の微生物が増えるよう働きかけることで、自身の健康も増進しようという考えなのです。

 

西洋医学が発生後の病気に対処する医学であるのに対しプロバイオティクスは予防の医学であり、健康維持のために多くの人の注目を集め、実践する方も増え続けています。

 

プロバイオティクスの効果

 

プロバイオティクスは従来の医学的な健康アプローチや、あるいは従来の栄養素ベースによる食事療法とは大きく異なり、体をより根本から健康にすることができるとして、西洋医学で有効な治療法がないとされる領域で積極的に取り入れられています。その中でも注目を集めているのはアトピー性皮膚炎などの自己免疫疾患でしょう。

 

アトピー性皮膚炎などの自己免疫疾患は、原因も治療法も未だにはっきりとわかっていないのが現状ですが、ただし発症に当たって体内に発生している状況を観察すると、何らかの体のバランスを欠いていることは確かです。

 

そして既知の栄養素欠乏がこういったアレルギー反応の確固たる原因にはなっていないこともわかっているため、体内の微生物のバランスに注目がいくのは道理といえるでしょう。

 

実際に、プロバイオティクスの考え方を取り入れることによって、多くのアレルギー性疾患の予防に効果が得られているというデータが大量に存在します。

 

難病とプロバイオティクスの関連は、主に腸内環境にあると言われています。人間の腸内には実に100超個もの最近が住んでいると言われており、これらの腸内細菌のバランスが崩れると、アレルギー反応のような治療の難しい疾患を発現してしまうと考えられています。

 

そして人間によい作用をもたらす種類の細菌を摂取するプロバイオティクスは、腸内環境を改善することでこれらの体の問題を根本から改善する手段であるとして、今でも研究が進められています。

 

プロバイオティクスはサプリからの飲用が一般的。中でも人気のプロバイオティクスがビフィズス菌のサプリになります。腸内環境を整える成分が注目されています。